価格を知る

窓際のビジネスウーマン

洋風の住宅には、ロートアイアンの門扉を設置することが多いです。ロートアイアンの門扉の価格は、5万円から15万円程度が相場になっています。シンプルなものは安いですが、デザインの凝ったものほど、値段が高くなる傾向があります。 住宅内部の装飾品としては、アルミ製のロートアイアンの手摺などがあります。階段に取り付けるロートアイアンの手摺は、10万円程度のものが多いです。アプローチ手摺などの小さなロートアイアンは、2万円程度で購入することができます。 ベランダフェンスに取り付けるロートアイアンは、大きさにもよりますが、30万円から40万円程度の場合が多いです。正確な金額を調べるには、業者に自宅まで来てもらって、見積もりを取ることが必要です。

洋風住宅の装飾品は、古代ローマ帝国で使用されたのが起源になります。ロートアイアンの原型になるものも、古代ローマ帝国で使用されていました。その後、時代の推移により、様々なデザインのロートアイアンが誕生しました。 日本では明治時代になると、一部の洋風住宅で、ロートアイアンの装飾品が使用されるようになりました。明治時代から昭和時代の前半までは、洋風住宅は少なかったため、一般の住宅への普及は進みませんでした。 戦後になると、日本でも洋風建築物が増えてきました。1970年代以降は、洋風住宅の建設が増え、ヨーロッパ風の装飾を施した住宅も増えてきました。現在は、分譲住宅を購入する際には、オプション品で、ヨーロッパ風の装飾品を取り付けることが可能になっています。