安全性について

窓とカーテン

自宅の様々な箇所に使われているガラス、例えばリビングルームや台所、お風呂やトイレなど等他にも様々な箇所にガラスが使われています。 ですが、通路などにガラスの戸や窓ガラスなどがあった場合は小さいお子さんなどがいる家庭では、お子さんが遊んでいるさなかにガラスを割ってしまってガラス交換をする羽目になってしまったという親御さんも多いのではないでしょうか。 もし割れてしまったのが自宅の外に面していない内側だった場合は、割れたガラスなどの破片で怪我人が出ないようにガラスを処理して配管テープのような頑丈なテープで補強するなりしてその場をやり過ごすことはできますが、外に通じるガラスが割れてしまった場合は話は別でガラス交換を迅速に行う必要があります。

野外に通じているガラスが破損してしまった場合はそのままにしておくのは危険です。 勿論、宅内を雨風から守るという基本的な機能は損なわれてしまいますし、防犯対策の面から見ても数日間の間でも、そのまま放置しておくのは危険です。 現在では祝日や休日でも24時間体制で対応していて電話をしたら即日駆けつけてくれてガラス交換を行ってくれる業者が存在しますので、もし真冬の深夜にガラスが割れてしまった場合でも大丈夫です。 もし窓ガラスが破損してしまったら、思い切って防犯ガラスに交換するのも一つの手かもしれません、現在は防犯ガラス自体の価格がだいぶ低下してきているので導入する場合でもそれほどの負担にならない場合が多いですよ。 なんにしろ、ガラスが破損してしまった場合はガラス交換を素早く行うことが肝心です。